CAST PROFILE

  • 池内博之キンヤ

    1976年生まれ。1998年TVドラマ「GTO」で注目を集める。
    主な出演作品に「ビューティフル・ライフ」(NHK/10)、「八重の桜」(NHK/13)、TBSドラマ「S -最後の警官-」(TBS/14)、「トップリーグ」(WOWOW/18)、『セイレーンの懺悔』(WOWOW/20)、『24 JAPAN』(EX/20)、映画『アウトレイジ 最終章』(17)、『食べる女』(18)など。『イップ・マン序章』(08)、『スイートハート・チョコレート』(13、日中合作)、『レイルロード・タイガー』(16)『マンハント』(17、香港中国合作)、『鳳梧洞戦闘』(19、韓国)など海外作品にも多数出演。本作では愚直に空回りする中年を好演している。

  • 宮川大輔ジュンペイ

    1972年生まれ。1991年、星田英利とお笑いコンビ「チュパチャップス」を結成し、吉本興業のグループ「吉本印天然素材」にも所属する。1999年にコンビを解散した後も、ピン芸人として活動を続け、「世界の果てまでイッテQ!」(NTV)、「満点☆青空レストラン」(NTV)、「炎の体育会TV」(TBS)、中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」(TBS)などに出演中。俳優としても「チーム・バチスタの栄光」(KTV/08)、映画『ガチ☆ボーイ』(08)、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(08)『オー!ファーザー』(14)『ザ・ファブル』(19)といった話題作に出演。

  • 池田鉄洋タロウ

    1970年生まれ。「義経」(NHK/05)や「医龍~TEAM MEDICAL DRAGON」シリーズ(CX)、「TRICK」シリーズ(EX)「アンサング・シンデレラ」(CX)、「バベル九朔」(NTV)などのドラマに出演。『NANA』(05)や、『ハチミツとクローバー』(06)、『謝罪の王様』(13)、『今夜、ロマンス劇場で』(18)、『任侠学園』(19)などの映画にも多数出演。脚本作に「どんぶり委員長」(BSテレ東)など。演出家としても活躍している。

  • 松尾諭アッキー

    1975年生まれ。『忘れられぬ人々』(01)で俳優デビュー。フジテレビ「電車男」(CX/05)、「SP 警視庁警備部警護課第四係」(CX/07)、「最後から二番目の恋」(CX/12)「デート」(CX/15)「ひよっこ」(17年)「わろてんか」(18年)「ノーサイド・ゲーム」(TBS/19)「エール」(20年)や映画『テルマエ・ロマエ』(12)、『進撃の巨人』(15)、『シン・ゴジラ』(16)などがある。

  • 蓮佛美沙子美里

    1991年生まれ。2006年、『犬神家の一族』でデビュー。『転校生 さよならあなた』 (07)で初主演を務め、キネマ旬報ベスト・テンと高崎映画祭で新人女優賞を受賞。その後も映画『君に届け』(10)、『RIVER』(12)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『日本のいちばん長い日』(15)『彼女の人生は間違いじゃない』(17)、「闇の歯車」(19)、『記憶屋 あなたを忘れない』(20)ドラマ「Q10」(NTV/10)「37.5℃の涙」(TBS/15)「お義父さんと呼ばせて」(CX/16)「べっぴんさん」(NHK/16)「恋はつづくよどこまでも」(TBS/20)などで活躍。

  • 赤楚衛二サスケ

    1994年愛知県出身。2017年「仮面ライダーアマゾンズ」で長瀬裕樹役で出演後、仮面ライダークローズとして、人気を博す。主な出演作に映画『ヒロイン失格』(2015)、『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020)、『映像研には手を出すな!』(2020)など。

  • 門脇佳奈子山本冴子

    1996年大阪府出身。2010年NMB48オープニングメンバーオーディションに合格。
    チームNの中心メンバーとして活躍し、2016年にNMB48を卒業。
    現在はタレントとして活動中。趣味の釣りを生かし「ビッグフィッシング」(サンテレビ)でアシスタントとしてレギュラー出演、旅ロケ番組やトーク番組等でも活躍中。また、Youtubeチャンネルにも力を入れている。

  • 村松利史鈴木

    1956年新潟県出身。1984年まで劇団「東京ヴォードビルショー」に在籍。
    そのWAHAHA本舗の創立メンバーとして本公演に出演。1998年に退団後、安齋肇、温水洋一らとオフィス「ワン・ツゥ・スリー」を設立。
    個性派俳優として、ステージ、TVドラマ、CM、映画で不思議アクターとして独特の存在感を放ち続けている。

  • 栗原類次郎太

    1994年東京都出身。子どもの頃からファッショモデルとして活動を開始し、中学生のときに「MEN’S NON-NO」などに登場。2012年から役者としても活動している。近年の主な出演作品は、映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(2019/松尾スズキ)、『シグナル100』(2020/竹葉リサ)、『とんかつDJアゲ太郎』(2020.10.30公開予定/二宮健)、舞台『春のめざめ』(2017、2019/白井晃)、ドラマ『ルパンの娘』(CX)、『正しいロックバンドの作り方』(NTV)などがある。

  • 川畑和雄ヤウンペーレパット・ノットチャイヤ

    1983年鹿児島県出身。独特の風貌で、映画・テレビ・舞台など活躍。主な出演作品にTVドラマ「精霊の守り人 最終章」(NHK/2017)、「西郷どん」(NHK/2018)、「家康、江戸を建てる 〜水を制す〜」(NHK/2019)、「あの家に暮らす四人の女」(TX/2019)、映画『テルマエ・ロマエ』(2012/武内英樹監督)、『探検隊の栄光』(2015/山本透監督)『響 ―HIBIKI―』(2018/月川翔監督)、『一度も撃ってません』(2020/阪本順治監督)など。

  • 渡部陽一MC

    1972年静岡県出身。学生時代から世界の紛争地域を専門に戦場カメラマンとして取材を続ける。その独特な喋り方から、2010年の「笑っていいとも!増刊号」をはじめ、多くのバラエティ番組に出演。その活躍はカメラマンにとどまらず、ラジオやCM、TVなどでも活躍中。

  • 永嶋柊吾若いタロウ

    1992年生まれ。福岡県出身。2009年『ごくせん THE MOVIE』で映画デビュー。
    出演作品に、NHK『そろばん侍 風の市兵衛』、WOWOW『コールドケース 〜真実の扉〜』、FOD Netflix 『グッドモーニング・コール』、映画『予告犯』(15/中村義洋監督)、『クローゼット』(20/進藤丈広監督)、公開待機作に『ある殺人、落葉のころに』(三澤拓哉監督)など。

  • ついひじ杏奈若い美里

    2000年群馬県出身。主な出演作は、映画『セブンティーンモータース』、『わたし、定時で帰ります。』(TBS)、『キワドい2人-K2-』(TBS)、「#リモラブ〜普通の恋は邪道〜」(NTV)など、他多数。

  • 大江駿輔若いサスケ

    2000年生まれ。『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(10)で古代進(木村拓哉)の幼少期を演じ俳優デビュー。その後、テレビドラマ、CM等で活躍中。

  • 川島海荷絶世の美女

    1994年埼玉県出身。『天国で君に逢えたら』(新城毅彦監督)で映画デビュー。2010年主演映画『私の優しくない先輩』が大ヒット。2016年よりZIPの総合司会を2019年までつとめる。2020年10月よりABC放送『僕らは恋がヘタすぎる』で主演を務める。

  • 桜井ユキホステス・ジャスミン

    1987年福岡県出身。2013年から『寄生獣』(山崎貴監督)、『新宿スワン』(園子温監督)、『ピース+オブ+ケイク』(田口トモロヲ監督)などの話題作に次々に出演。2017年に『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ-』(二宮健監督)で映画初主演を果たす。公開待機作に『さんかく窓の外側は夜』(2021年、森ガキ侑大監督)。

  • 榊英雄神林

    1970年長崎県出身。1995年『この窓は君のもの』(古厩智之監督)でデビュー。『誘拐ラプソディー』(09)で第20回日本映画批評家大賞の新人監督賞を受賞。監督としても2007年『GROW 愚郎』でデビュー。『ぼくのおばあちゃん』(2008年)、『捨てがたき人々』(2014年)、『アリーキャット』(2017年)など。俳優としてもスーパー戦隊シリーズや映画『ファンシー』(2020/廣田正興)などに出演している。

  • 桂三度オヤジ

    1969年滋賀県出身。1991年より漫才コンビ、ジャリズムとしてデビュー。放送作家としても活動。1998年の解散後、ピン芸人として「世界のナベアツ」として多くのテレビバラエティで活躍。2011年に落語家として転身し、桂三度に改名。現在は高座を中心に落語家として活動している。

SONGS

  • 主題歌

    描きかけの夢
    MUSIC VIDEO

    大野 莉昂

    2001年 生まれ。熊本県出身。a-nation 熊本 アクトダンサー公開オーディション優勝。全国EXPG特待生オーディション合格。NHK紅白歌合戦 EXILEキッズサポートダンサーをつとめる。その後もモデルやダンサー、歌手として活躍。

  • 挿入曲

    I’m lovin’ you ~泣いたらいい~

    ソンモ

    韓国の男性アイドルグループ・超新星のメンバーとしてデビュー。
    2015年にはソロデビューを果たし、現在は新曲「I Remenber」「忘れないで」を配信リリース、俳優として韓国で放送されるシネドラマ「学校奇談/報復」、チャンネルA「嘘の嘘」に出演中。本作「ヤウンペを探せ!」では挿入歌を務めるとともにカメオ出演。
    日本・韓国のみならず多くのファンを魅了し続けている。

STAFF PROFILE

  • 監督宮脇 亮

    1974年生まれ。東京都出身。「続・最後から二番目の恋」「最高の離婚」「ファーストクラス」など数々のテレビドラマを演出してきた。 「あのコの、トリコ。」で長編映画初メガホンをとるなど、期待の新鋭監督。